どこで買うのか

imported drugs

アフターピルを購入したいと考えている人がいます。地域によって違いがると言うことではありませんが、処方してもらうことができる病院は限られています。基本的に病院では産婦人科で処方してもらうことができます。このほかに通販を利用して購入することもできます。性行為のあと72時間以内に服用すれば避妊が可能と考えられています。国内の産婦人科でアフターピルを処方してもらおうと考えた場合には、診察処方の際に必要な費用は1万3000円から1万5000円程度となっています。これは保険適用外となっているので、少し費用が高くなります。しかし少しでも安く手に入れたいという場合には、通販を利用するという方法があります。値段が安く即日発送ですぐに届くようになっているので、女性が自分の体のことを考えてアフターピルを常備薬としておいておくという方法もあります。

アフターピルを個人輸入代行で購入するという方法があります。最近ではこのような医薬品の個人輸入代行が多くなっています。個人輸入と聞くと少し心配と考えている人がいますが、インターネットの通販サイトとなっているのでそれほど心配する必要はありません。海外のものを輸入するときに、面倒な輸入に関する手続きを行ってくれるのが輸入代行サイトと言うようになっています。実際に使ってみても普通の通販サイトとそれほど大きな違いはありません。最近では自宅にパソコンやインターネット環境が整えられているので、パソコンやスマートフォンなどを利用することができれば、個人輸入代行を気軽に利用することができます。このサイトではアフターピルのジェネリックもあるので、さらに安く購入することができます。