自分を守るために

antibiotics

ピルは、古くから妊娠を希望しない女性が避妊の為に服用してきた薬で、日本では婦人科で処方してもらうことができます。以前は中用量のものが主流で、副作用なども報告されていましたが、今日では低用量ピルが認可されており、副作用も減少しました。婦人科で処方されている低用量ピルは数種類あり、含まれている女性ホルモンの違いによって分類されています。婦人科で処方してもらう以外の入手方法としては、個人輸入代行業者を利用する方法があります。近年多くの女性が個人輸入代行業者を利用して低用量ピルを購入しており、価格の安さや手軽に購入できる点が人気です。副作用の少ないピルや、美容に効果の高いピルなども通販で購入できるため、注目を集めています。

日本で低用量ピルを処方してもらう場合、1シート3000円前後が相場と考えられています。その他、診察や検診などがある場合は、別途費用が必要です。個人輸入の場合、業者によって大きく価格は異なりますが、アジア圏から発送されるピルの場合、1シートあたり700円前後が一般的です。海外のピルの相場は、その国の経済や政治などによって上下するケースもありますので、購入するごとに価格が異なることもあります。日本の低用量ピルに関する口コミを集めたサイトでは、コストパフォーマンスに優れたショップの情報を得ることができます。又、定番として扱われる商品よりも、新製品のほうが価格は割高な傾向にありますが、日本で購入できない人気の商品を購入することが可能です。